クリニックの内装をリフレッシュするなら設計段階から計画的に

工場排水の活用

水

工事現場や工場から排水される水を清水にできる最新の濁水処理システムは、多くの法人から選ばれています。排水のリサイクルをすることで災害時用の水に使えますし地球環境への貢献も可能です。

詳細へ

フロンガス排出の抑制

男女

地球環境を脅かすフロンガスは、改正フロン法の規制により点検や記録が義務化されるようになりました。特に法人は業務用エアコンや冷凍庫での利用が必要となるので必須項目の洗い出しをしておきましょう。

詳細へ

内装のリニューアル

院内

内装で変わる

地域に根付いたクリニックは、地元の人達に選ばれる医療機関を目指すことが大切です。ですから、それに伴ったサービスの提供や配慮をした上で、患者さんが安心して来院できる環境を作り上げる必要があるでしょう。そこは医療を提供する空間にも目を配る必要があり、設計からレイアウトまで内装面で不快感や不安を煽るような空間は避けなければなりません。そのため、長年運営しているクリニックもリニューアルを兼ねた内装の変更が行なわれます。内装のリニューアルを行なうことで、心機一転リフレッシュすることができますし新しく患者を呼び込みたい時のきっかけに最適です。

イメージを反映させる

クリニックの内装をイメージ通りに仕上げるには、設計段階から入念な計画を立てる必要があります。設計自体がめちゃくちゃな構想になると、仕上がりも全く別物になりますし目指しているクリニックにはならないでしょう。また、内装のリニューアルと共に最新の医療機器を導入する場合は、そのスペースを確保することもポイント。狭苦しい空間は患者自身に圧迫感を与えますしスタッフの動きも悪くなります。ですから、設計段階からいろんなことを想定した空間づくりを実現することが大切なのです。

専門性の高さがカギ

内装を請け負ってくれる業者はたくさんあります。ただ、クリニックのような特殊なタイプの案件は、その道のプロに任せるのが一番です。一般住宅や商店とは異なる施設であるため、いろいろと気を付けておきたいこともあります。それを配慮して動いてくれることも考慮して、専門性が高いかどうかで比較しましょう。

施工時の注意

工事

賃貸契約をしていたテナントから退去する際は、原状回復工事を行なってから契約完了になるケースがほとんどです。工事に必要な契約内容の確認や廃棄物処理の手配などトータルに確認をしておきましょう。

詳細へ