クリニックの内装をリフレッシュするなら設計段階から計画的に

フロンガス排出の抑制

男女

改正フロン法が施工された今、ほとんどの法人があらゆる機器の整備や点検を行なう必要性が出てきました。これは、改正フロン法がフロンガスの使用に対して規制を設けたことが大きく、地球環境のことを考えた取り組みだからでしょう。実際、フロンガスの影響で地球にあるオゾン層の破壊が深刻化しています。その状態を少しでも阻止するために改正フロン法がスタートし、法人をはじめ様々な団体で的確な対応が迫られるようになったのです。

フロンガスを使用している代表的なものは、業務用エアコンや業務用冷凍庫などが挙げられます。これらは業種を問わず法人が利用しているものに該当するので、法令に沿った点検を実施しないといけません。ちなみに改正フロン法で必要となるのは、3か月に1回の簡易的な点検や機器整備の点検記録と保存、さらに廃棄時のフロン類回収が決められています。これに違反するとペナルティを受けることもあるので、必ず法令遵守で対応することが大切です。

改正フロン法に合わせて点検や記録を行なう際は、自社内で対応するだけではなく専門業者のサポートを受ける必要性もあります。特に点検自体は素人でできる項目ではなく、簡易的であってもフロンガスに関連するような項目でチェックすることがポイントです。ですから、業務用エアコンや業務用冷蔵庫のメーカー別仕様をしっかり把握していて対応できるところを探さないといけません。実際、改正フロン法に対応した点検を行なう専門業者もあるので、実施前に相談しておきましょう。